スポーツガバナンスウェブサイト

公表詳細

団体名称 柏市スポーツ協会
団体名カナ カシワシスポーツキョウカイ
コード区分(編集不可)
解説テキスト
適用される「スポーツ団体ガバナンスコード」により、「一般スポーツ団体」または「中央競技団体」のいずれかが表示されます。マイページIDを発行して団体基礎情報及び自己説明を登録・公表する団体は全て「一般スポーツ団体」となります。
一般スポーツ団体
法人区分 一般社団法人
都道府県 千葉県
市区町村 柏市
競技名 空手,弓道,クレー射撃,ゲートボール,剣道,ゴルフ,サッカー,柔道,少林寺拳法,水泳,スキー,相撲,ソフトテニス,ソフトボール,体操,卓球,テニス,トライアスロン,バスケットボール,バドミントン,バレーボール,ハンドボール,フェンシング,ペタンク・ブール,ボウリング,ボクシング,野球,ラグビー,陸上競技,レスリング,統括組織,高等学校スポーツ連絡協議会 サイクル 山岳 合気道
加盟団体1 都道府県体育・スポーツ協会
代表者氏名
URL http://www.kashiwa-taikyo.jp/
法人番号 2040005017091
加盟・登録団体数
解説テキスト
当団体に加盟・登録している団体数
34
登録者数
解説テキスト
当団体に登録している競技者数
3,000人以上、10,000人未満
役員及び職員の合計
解説テキスト
当団体の役員(理事、監事、評議員、社員、会員等)と職員(常勤及び非常勤)の合計数
10人以上、20人未満
自己説明内容
解説テキスト
「スポーツ団体ガバナンスコード<一般スポーツ団体向け>」への遵守状況に関する自己説明

<対応状況に係る自己評価>
A:対応している
B:一部対応している
C:対応できていない

コード区分が「中央競技団体」となっている団体は、「スポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>」に基づく自己説明を、各団体のホームページ等に掲載しています。該当する団体の自己説明内容を確認する場合は、こちらに掲載されているURLをクリックして、各団体のホームページに移動してください。
項目 対応状況
原則1 法令等に基づき適切な団体運営及び事業運営を行うべきである。
(1)法人格を有する団体は、団体に適用される法令を遵守しているか。 B
現在、加盟団体会長会議および研修会を実施している。
今後は、さらに講師等を迎えた研修会の充実を図る。
(2)法人格を有しない団体は、団体としての実体を備え、団体の規約等を遵守しているか。 -
(3)事業運営に当たって適用される法令等を遵守しているか。 A
事業を運営するにあたり、各委員会議、常任理事会、理事会等で検討や確認をして、事業を開催している。
(4)適切な団体運営及び事業運営を確保するための役員等の体制を整備しているか。 A
団体の活動や事業を運営するにあたり、五委員会が組織され、各事業の計画や運営にあたっている。
今後は、より効率的な運営をするため、委員会組織の改編を検討している。
事業運営に関しては、実行委員会を組織し企画、立案、運営にあたる。
原則2 組織運営に関する目指すべき基本方針を策定し公表すべきである。
(1)組織運営に関する目指すべき基本方針を策定し公表しているか。 A
ホームページ上にスポーツ協会の基本方針、重点施策を掲載している。
今後、重点施策の具現化を図り、周知する。
原則3 暴力行為の根絶等に向けたコンプライアンス意識の徹底を図るべきである。
(1)役職員に対し、コンプライアンス教育を実施しているか、又はコンプライアンスに関する研修等への参加を促しているか。 B
各会議等の席で、その都度必要な資料により説明、伝達等の研修をしている。
(2)指導者、競技者等に対し、コンプライアンス教育を実施しているか、又はコンプライアンスに関する研修等への参加を促しているか。 B
研修会、講演会を実施し、各団体の指導者や競技者としての意識の向上をはかっている。
今後、年間を通してのコンプライアンス教育の企画検討。
原則4 公正かつ適切な会計処理を行うべきである。
(1)財務・経理の処理を適切に行い、公正な会計原則を遵守しているか。 A
税理士の指導のもと、予算・決算は総務委員会、常任理事会、総会の承認を得て作成し、年に一度監事における会計監査を実施している。
(2)国庫補助金等の利用に関し、適正な使用のために求められる法令、ガイドライン等を遵守しているか。 A
税理士の指導のもと、予算、決算について各事業実行委員会の承認を得て、会計処理を実施している。
(3)会計処理を公正かつ適切に行うための実施体制を整備しているか。 A
TKC財務会計公益H20を使用して、会計担当が入力し、税理士が月一度監査をおこなっている。
原則5 法令に基づく情報開示を適切に行うとともに、組織運営に係る情報を積極的に開示することにより、組織運営の透明性の確保を図るべきである。
(1)法令に基づく情報開示を適切に行っているか。 B
現在、共有しなければならない情報は常任理事会、理事会の各会議で活動についての共有化を図っている。
今後、より一層共有化を図るため、公式ホームページやFacebook、Twitterを充実させ、情報の発信をする。
(2)組織運営に係る情報の積極的な開示を行っているか。 B
会議等については、ホームページの連絡蘭、Googleカレンダーを活用し内容を掲載し周知している。
今後は必要に応じ、会議録等をホームページに掲載し、より情報の共有化を図る。
原則6 高いレベルのガバナンスの確保が求められると自ら判断する場合、ガバナンスコード<中央競技団体向け>の個別の規定についても、その遵守状況について自己説明及び公表を行うべきである。
対応なし
最終更新日 2021/11/16
ページの先頭へ戻る